【英文法・動詞】不規則動詞の一覧と過去形、過去分詞形の作り方

文法
文法
この記事は約2分で読めます。

英語の動詞には規則動詞と不規則動詞の2種類があります。このページでは不規則動詞について学ぶことができます。このページで扱う動詞は日常生活でよく使われ、中学英語では必須なものばかりです。確実に覚えましょう。

不規則動詞の変化の仕方

英語の動詞には原形、過去形、過去分詞形の3つの形があります。原形から過去形、過去分詞形を作る基本的なルールは原形に ed を付けることであり、このルールが適応される動詞を規則動詞と呼びます。

一方、この規則動詞のルールが適応できない動詞があり、それらは不規則動詞と呼ばれます。しかし、不規則動詞の変化にはいくつかのルールが存在するので、それらのルール毎に不規則動詞の変化を覚えるのが望ましいです。

以下が不規則動詞の変化の仕方をまとめたものです。全部で4種類あります。

  • AAA型
  • ABA型
  • ABB型
  • ABC型

例えばABC型とは、原形(A)と過去形(B)と過去分詞形(C)が全て形が異なる動詞のグループのことを指します。また、AAA型はそれら3つの形が同じ動詞のグループのことを指します。

AAA型

以下の動詞は原形、過去形、過去分詞形の順です。

  • 読む read – read – read

注意!read の発音は原形と過去形、過去分詞形で違う

read – read – read は綴りは全て同じですが、発音は「リード、レッド、レッド」のようになります。

ABA型

  • 来る come – came – come
  • 走る run – ran – run

ABB型

  • 会う meet – met – met
  • 言う say – said – said
  • もつ have – had – had
  • 勝つ win – won – won
  • 負ける、なくす lose – lost – lost
  • 手に入れる get – got – got

ABC型

  • 見る、会う see – saw – seen
  • 書く write – wrote – written
  • 描く draw – drew – drawn
  • 行く go – went – gone

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました