語彙

【something の使い方】形容詞は something の後ろにくる。

語彙
この記事は約2分で読めます。

このページでは「何か」という意味の something を形容詞で修飾するときの使い方をまとめています。

形容詞は後ろにくる

something は「もの」や「こと」と訳される名詞です。英語の場合、名詞を修飾する形容詞は名詞の前にくるのが基本的な決まりです。

例えば、「新しいくつ」は new shoes となります。

ですので、同じように「新しいもの」を英語で表現するとしたら new something となるのではないかと思うかもしれませんが、このようには絶対に言いません。something new となります。形容詞は something の後ろにこなければなりません。

Example

I want to see something new.

私は新しいものを見たい。

見出し

I am going to buy something nice.

私は素敵なものを買います。

anything

something に似た単語で anything があります。意味は something と同じで、形容詞が anything の後ろにくるのも同じです。

違いは something は肯定文で使われて、anything は疑問文や否定文で使われる、ということです。

Example

Did I do anything wrong?

私は何か間違ったことをしましたか。

somebody

以下の名詞は全て「人」を指し、 something や anything と同じように、形容詞は後ろにきます。

  • somebody
  • someone
  • anybody
  • anyone
Example

I like to watch movies with somebody special.

私は特別な人と映画を見ることが好きです。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました