【違いは何か】be angry と get angry

トピック別
トピック別
この記事は約2分で読めます。

このページでは、be angry と get angry の違いを学ぶことができます。

be は状態、get は動作

I am angry. と I get angry. はほとんど同じ意味ですが、ちょっとした違いがあります。

I am angry. は「私は怒っている。」と訳します。これはbe動詞の am が「状態」を表すからです。

一方、I get angry. は「私は怒る。」と訳せます。これは get が日常的な「動作」や「習慣」を表すからです。「怒っている」は状態、「怒る」は動作や習慣を表現しています。

例えば今怒っているか尋ねられて怒っていると言いたいときは、そのときの状態を表す am を使って必ず I am angry. になります。

逆に、日常的に私は怒る、ということを言いたいときに I am angry. とはいいません。

I get angry. と「動作」や「習慣」を表す get を使わなければなりません。

  • be angry:怒っている(状態)
  • get angry:怒る(動作)

使用例

Example

I am angry at her.

私は彼女に怒っている。

アシスタント
アシスタント

上記例は、彼女に対する怒りの感情がこの文を言ったその瞬間にも続いている、ということを表現しています。

Example

I get angry when I don’t know what to do.

何をしたらいいかわからないと私は怒る。

せんせい
せんせい

上記例は、何をしたらいいかわからないとき怒りの感情を抱く、ということを表現しています。

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました