【英語の盲点・違いは何か】not to と to not はどちらが正しいのか。

文法
文法
この記事は約2分で読めます。

どちらでもよい

not to と to not はどちらが正しいのか。

正解は「どちらも正しい」です。

not to と to not は不定詞を否定の意味で使うときに用いられますが、どちらも使い方に問題はありません。

Example

いくつかの国々では水道水を飲まないことは重要です。

  • It is important not to drink tap water in some countries.
  • It is important to not drink tap water in some countries.

不定詞(to + 動詞の原形)の前に not を置くほうは文法的に望ましくフォーマルな場合に使うとされています。

せんせい
せんせい

学校の先生や文法に忠実な人は not to を好む傾向があります。

割かれ不定詞

一方、to と動詞の原形の間に not を入れるほうは「割かれ不定詞」(split infinitive)の形と呼ばれ、カジュアルな場合に使う表現とみなされるのが一般的な考え方のようです。

せいと
せいと

けど「割かれ不定詞」がフォーマルなときに使われることもあります。

せいと
せいと

not to と to not の境目は非常にあいまいですね。

他の例もみてみましょう。

Example

私は魚を食べないことを好む。

  • I prefer not to eat fish.
  • I prefer to not eat fish.
Example

食べながら話さないように私は子供たちに言った。

  • I told kids not to talk while eating.
  • I told kids to not talk while eating.
【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました