子音のみを発音とはどういうことか。

スポンサーリンク

日本語が母語である私たちは自分が発する文字がいちいち「子音と母音からできている」と考えることはありません。

「子音と母音からできている」とはどういうことか。

例えば「か」という平仮名の文字を発音するとしましょう。

「か」と発して最後に聞こえる音は何かというと「あ」です。よくわからないときは「か」をのばして言ってみてください。

また、「さ」を発音しても最後に残る音は「あ」です。

この「あ」の音は母音とよばれ、日本語には全部で五つの母音があります。それは「あ、い、う、え、お」です。

日本語の文字を発声するとき、この「あ、い、う、え、お」という母音の前に「子音」があるのが基本です。単語でも同じことがいえます。

しかし、英語の単語はこの限りではありません。単語の最後が子音で終わることはよくあります。

このページのタイトルにもある「子音のみを発音する」というのは、つまり母音を発音しないということになります。

例えば、英語には am という単語があります。この発音をカタカナ表記をすれば「アム」となりますが、本当の発音は「アム」の「ム」から母音をとったものと考えてまず問題ありません。

ゼロからの英語関連ページでは、子音のみを発音するカタカナには赤い下線が引いてあります。発音の向上にお役立てください。

厳密に言えば、「アム」の「ア」も本当の音と少し違うのですが、そのぐらいは許容範囲です。