【英語の発音】日本語と音の仕組みが違う!英語で「子音のみを発音する」とはどういうことなのか。

発音・綴り
発音・綴り
この記事は約3分で読めます。

carrot とキャロット

英語の発音は日本語と大きく異なります。

例えば「にんじん」は carrot で、アルファベットが読める人は「キャロット」と発音するかもしれません。

しかし、「キャロット」は厳密にいうと英語に似たカタカナの言葉であって英語ではありません。

特に問題なのは最後の t です。これはどのように発音すればよいのでしょうか。

仮名の発音のしくみ

日本語が母語である私たちは、

自分が発する日本語の音がどのように成り立っているかをいちいち考えることはありませんから、

非常に気付きにくいのですが、

全ての仮名は子音と母音が組み合わさってできています。

「子音と母音が組み合わせっている」とはどういうことか。

例えば「か」という平仮名の文字を発音するとしましょう。

「か」と発して最後に聞こえる音は何かというと「あ」です。

よくわからないときは「か」をのばして言ってみてください。

母音とは

また、「さ」を発音しても最後に残る音は「あ」です。

この「あ」の音が母音で、日本語には全部で五つの母音があります。

それは「あ、い、う、え、お」です。

「ん」を除いた全ての仮名は、

この「あ、い、う、え、お」という母音の前に「子音」が必ずくっ付くことで成り立っています。

子音とは

子音は母音を除いたあとに残った音です。

ローマ字を使うと子音の説明がしやすいのですが、

例えば仮名の「か」はローマ字表記だと ka です。

この ka のうち、k が子音で a が母音です。

以下の表はその他の仮名の子音と母音の組み合わせ例です。

子音母音
sa
ma
ne
ku
to
wa

子音で終わる英単語は多い

日本語の仮名は常に「子音+母音」なので、

単語であれ文であれ日本語は常に母音で終わるようにできています。

しかし、英単語はこの限りではなく最後が子音で終わることはよくあります。

「最後が子音で終わる」とは「子音のみを発音する」ということであり、

つまり母音を発音しないということになります。

例えば、英語には am という単語があります。

この発音をカタカナ表記をすれば「アム」となりますが、

本当の発音は「アム」の「ム」から母音をとったものと考えてまず問題ありません。

厳密に言えば、「アム」の「ア」も本当の音と少し違うのですが、そのぐらいは許容範囲です。

ゼロからの英語のページでは、

英語が全くの初心者の皆様のために、

英語の発音をカタカナで書いてありますが、

子音のみを発音するカタカナには色がついています。

発音の向上にお役立てください。

carrot の 発音

ページの最初に出てきた carrot の t の発音は「ト」に近いですが、「ト」の中の母音「オ」を取り除いて発音することで carrot の本来の発音に近づけることができます。

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました