【英単語の発音について】子音のみを発音するとはどういうことなのか。

ゼロからの英語
この記事は約2分で読めます。

英語の発音は日本語とかなり違います。例えば「にんじん」は carrot で、アルファベットが読める人は「キャロット」と発音するかもしれません。

しかし、「キャロット」は厳密にいうと英語に似たカタカナの言葉であって英語ではありません。特に問題なのは最後の t です。これはどのように発音すればよいのでしょうか。

仮名の発音のしくみ

日本語が母語である私たちは自分が発する日本語の音がどのように成り立っているかをいちいち考えることはありませんから、非常に気付きにくいのですが、全ての仮名は子音と母音が組み合わさってできています。

「子音と母音が組み合わせっている」とはどういうことかというと、例えば「か」という平仮名の文字を発音するとしましょう。「か」と発して最後に聞こえる音は何かというと「あ」です。よくわからないときは「か」をのばして言ってみてください。

母音とは

また、「さ」を発音しても最後に残る音は「あ」です。この「あ」の音が母音で、日本語には全部で五つの母音があります。それは「あ、い、う、え、お」です。

「ん」を除いた全ての仮名は、この「あ、い、う、え、お」という母音の前に「子音」が必ずくっ付くことで成り立っています。

子音とは

子音は母音を除いたあとに残った音です。 ローマ字を使うと子音の説明がしやすいのですが、例えば仮名の「か」はローマ字表記だと ka です。この ka のうち、k が子音で a が母音です。

以下の表はその他の仮名の子音と母音の組み合わせ例です。

子音母音
sa
ma
ne
ku
to
wa

子音で終わる英単語は多い

日本語の仮名は常に「子音+母音」なので、単語であれ文であれ日本語は常に母音で終わるようにできています。しかし、英単語はこの限りではなく最後が子音で終わることはよくあります。

「最後が子音で終わる」とは「子音のみを発音する」ということであり、つまり母音を発音しないということになります。

例えば、英語には am という単語があります。この発音をカタカナ表記をすれば「アム」となりますが、本当の発音は「アム」の「ム」から母音をとったものと考えてまず問題ありません。

厳密に言えば、「アム」の「ア」も本当の音と少し違うのですが、そのぐらいは許容範囲です。

ゼロからの英語関連ページでは、子音のみを発音するカタカナには赤い下線が引いてあります。発音の向上にお役立てください。

carrot の発音

ページの最初に出てきた carrot の t の発音は「ト」に近いですが、「ト」の中の母音「オ」を取り除いて発音することで carrot の本来の発音に近づけることができます。

タイトルとURLをコピーしました