【洋画で英語上達】日本語には存在しないLの発音をものにしよう。

発音・綴り
発音・綴り
この記事は約2分で読めます。

Lの音は日本語に存在しない

英語には日本語にない発音が多くあります。Lはその一つです。

LとRは日本語の「ら行」の音に近いと習うことよくありますが、全くの別物と考えたほうがよいでしょう。

幸いなことに、Lは発音する人の口元を見て学習することが可能です。

アシスタント
アシスタント

Rを発音するとき、口をあまり開けないので舌の形を見るのは非常に難しいです。

映画等の会話で実際にLの発音がどのように出てくるのか、以下で見てみましょう。

la の発音

ジムキャリーが「lalala」と la を連呼しています。

la と発声するとき、ジムキャリーは前歯の歯先に舌先をあてています。

以下の動画の42秒あたりから、la の音の出し方が見れます。

lie の発音

lie の発音をカタカナ表記すれば「ライ」のようになります。

せいと
せいと

lie は動詞で「うそをつく」という意味があります。

以下の動画の2分10秒あたりから、lie の音の出し方が見れます。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました