【英文法・仮定法】仮定法過去の文とは何か。その訳し方や作り方を学ぼう。

文法
文法
この記事は約1分で読めます。

仮定法とは

仮定法には「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の二つがあります。

仮定法過去は現在か未来のことを仮定して話すときに使います。一方、仮定法過去完了は過去のことを仮定して話すときに使います。

  • 仮定法過去:現在か未来のことについて使う
  • 仮定法過去完了:過去のことについて使う

仮定法過去の形と訳し方

I would buy a car if I had money.

(お金があれ車を買うのに。)

どうして仮定法過去というのか?

現在や未来のことを仮定して話す「仮定法過去」では、文中で使われる動詞は過去形になります。だから「仮定法過去」という名前がついています。

仮定法過去の例

Example

She would definitely succeed if she liked her work.

仕事が好きなら彼女は絶対に成功するのに。

Example

I would learn baseball if I were 30 years younger.

30歳若かったら野球を習うのに。

Example

I wish I were a cat and could lie around all day.

猫のように一日中ごろごろできたらなあ。

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました