【基本の英語】後置修飾をマスターしよう。

中学生
中学生文法
この記事は約3分で読めます。

後置修飾とは

後置修飾とは「名詞を修飾する言葉を名詞の後ろに置く」ことです。

名詞を修飾する言葉とは、例えば形容詞のことです。

  • hot:暑い
  • yummy:おいしい
  • long:長い
  • quiet:しずかな
  • fast:速い

など、挙げればきりがないくらいたくさんあります。

日本語は前置修飾

日本語では、名詞を修飾する言葉(修飾語句)は必ず前に置かれます。

  • 私は赤いがほしい。
  • 朝からずっと庭で吠えているが少し大人しくなった。
アシスタント
アシスタント

青い下線が修飾語句、ピンクが修飾される名詞です。

後置修飾の反対なので、これを「前置修飾」とよぶこともあります。

英語の前置修飾

英語は前置修飾で名詞を説明する場合もあります。それは次の場合です。

形容詞など、修飾する言葉が一つだけのとき

  • hot day:暑い日
  • yummy food:おいしい食べ物
  • long rope:長いロープ
  • quiet person:静かな人
  • fast train:速い電車
  • running boy:走っている男の子
  • poached egg:ゆでられた卵(ポーチドエッグ、落とし卵)

英語の後置修飾

前述のように、修飾語が一つの場合は基本的に英語は「前置修飾」です。

せいと
せいと

something を形容詞一つで修飾する場合、前には置きません。注意しましょう。

しかし、修飾語句が増えると「後置修飾」に変わります

英語の後置修飾でまずおさえておきたいのが以下の二つのパターンです。

  • The person eating sushi is my father.
  • The cake made by my mother yesterday is on a table.
アシスタント
アシスタント

青い下線が修飾語句、ピンクが修飾される名詞です。

上記の例はそれぞれ次のように訳します。

  • すしを食べているは父です。
  • 昨日母によってつくられたケーキはテーブルの上にあります。

現在分詞を伴う後置修飾

現在分詞とは動詞に ing がついた形で、前述の例では eating がそれにあたります。

後置修飾で使われる現在分詞は「~している」と訳します。

過去分詞を伴う後置修飾

過去分詞とは動詞に ed がついた形(不規則動詞の場合はこの限りではない)で、前述の例では made がそれにあたります。

後置修飾で使われる過去分詞は「~される」や「~された」と訳します。

後置修飾の例

  • The girl sitting near a tree is my younger sister.(木の近くで座っている女の子は妹です。)
  • I like stories written by Soseki Natsume.(私は夏目漱石によって書かれた物語が好きです。)

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました