英語の環境を子供に作りたい方必見です。

アメリカの小学校で使われている教材なので、日本人の子供には難しいのではないかと思ってしまいますが、小さいときから現地で生活するのと同じぐらいの英語量に触れさせて、英語を自然と身につけさせたいと思うのであれば、この教材を使う価値はあります。お値段も決して高くありません。

Rakuten ABCmouse

どうして英語ができないのか。

ここに来る人は英語が今よりできるようになりたいと思っている人が大半だと思います。

英語ができるようにならない理由は大きく分けて2つあります。

教材や学校の選び方

まず、英語教材や英会話学校は自分の目的や今の英語力に合ったものを選ばなければなりません。

世に出回っている英語教材や英会話学校には大きな差はなく、十中八九問題ありません。

英語教材や英会話学校のせいにする人もいるでしょうが、責められるのは教材や学校ではなくそれらを選んだあなたです。

自分の目的と現在の英語力にあったものを使えばどの学校でもどの教材でも英語の上達は必ず見込めます。

せんせい
せんせい

教材は今の自分の英語力よりちょっと難しいものを選ぶのが大事です。

アシスタント
アシスタント

難しすぎても簡単すぎても生徒はやる気がなくなりがちです。

気持ちの問題

次に、自分の気持ちの問題です。

覚悟をもって本気で取り組めば英語に限らずほとんどのことはできるようになるのではないでしょうか。

「覚悟をもって本気で取り組む」とは英語学習を他のことより優先させることであり、今までの何かが犠牲になるということです。

せいと
せいと

それができないなら、それだけの目標だったってことです。

例えば、今までテレビや動画を毎日2時間見ていたのなら、そのうち1時間を英語学習にまわします。

そして目標を達成するまでその1時間の英語学習を毎日行います。

しかしこれがなかなか難しい。

やると決めたのに最後までやりぬけないことが今までどれだけあったことか。

だから「大金をはたいてでも結果がついてくるなら」とサポート体制が充実した「コミット型英会話学校」を選ぶ人が少なくないのでしょう。

おすすめの英会話スクールはどれか

英語を勉強しているうちに必ず考えるのが英会話スクールの活用です。

英会話スクールは数えきれないほどあるので「どれにしたらいいか分からない」という人は多いと思います。

自分に合っている英会話スクールは一体どれなのでしょうか。

それを見つけ出すにはまず自分がどんなサービスを英会話スクールに求めているのかを理解する必要があります。

以下は自分に合う英会話スクールを探すためのキーワードです。

気になるところからチェックしてみましょう。

オンライン英会話

オンライン英会話の学校はインターネットの普及と共に台頭してきました。

今後ますます多くの人にとって身近な存在になるに違いありません。

人件費や家賃(教室維持費)を大幅に削減した結果、格安で英会話レッスンを提供できる英会話学校が数多く存在しています。

必要なもの

オンライン英会話スクールは生徒が次の2つをもっていることを前提で話をしています。

  • インターネット環境
  • PC(パソコン)

パソコンの代わりにスマホやタブレットを使うことができるオンライン英会話スクールも多くあります。

料金プランの概要

1か月の料金プランは次の2種類の場合が多いです。

  • 1か月の間にレッスンをすればするほどお得感が増すプラン
  • 1か月に受けるレッスン数が予め決められているプラン

料金は通常、「レッスンをすればするほどお得」プランのほうが「レッスン数が決まっている」プランより少し高いです。

料金プランの違い

「レッスンをすればするほどお得」プランは、毎日英会話をしたい人に向いています。

しかし、そう意気込んでも実際は仕事や家事など他のこととのバランスもあり、結局は週に2回(月に8回)ぐらいしかできなかった、ということになるかもしれません。

それならば最初から若干安めの「レッスン数が決まっている」プランを選ぶ方が賢明だということです。

「レッスンをすればするほどお得」というのは無限大に永久に受けられるというわけではなく、だいたい1か月30回(1日1回)レッスンを受けることができるプランです。

タイトルとURLをコピーしました