【確実に理解しておきたい英会話フレーズ】「あなたたち」と伝えたいときの別れの挨拶。

役に立つ会話表現
スポンサーリンク

See yous later.

じゃあまたね。

you に s をつけて、yous は文法的にはあり得ませんが、会話ではよく聞く表現です。

この場合の s は「あなたたち」という複数を表すための s です。

私たちは日本の学校で「you はあなた、そしてあなたたちという意味がある」と習います。そしてそれは正しい知識です。

しかし、See you later. と帰りの挨拶をすると、その場にいる相手一人に対して言ってるのか、それとも複数の相手に言ってるのかわかりづらい、ということが現実問題として存在します。

「あなたたち」ということをはっきり伝えたいときは See yous later. を使ってみましょう。