See yous later.【じゃあまたね。】

スポンサーリンク

解説

「you」に「s」をつけて、「yous」は文法的にはあり得ないが、会話ではよく聞く表現。

この場合の「s」は「あなたたち」という複数を表すための「s」。

私たちは日本の学校で「youはあなた、そしてあなたたちという意味がある」と習う。そしてそれは正しい知識だ。

しかし、「See you later.」と帰りの挨拶をすると、その場にいる相手一人に対して言ってるのか、それとも複数の相手に言ってるのかわかりづらい、ということがネイティブの人たちの考えの中にあるのだろう。

言葉は常に変化していく好例。