分詞構文の例や訳し方を学ぼう。

文法
文法
この記事は約4分で読めます。

分詞構文の例

以下の黄色い下線部分が分詞構文です。

  • He went to the beach, singing his favorite song.
  • I looked at the moon, thinking about my parents.
  • My brother, being a shy boy, did not know how to talk with girls.
  • Turning to the right, you will find a post office.
  • Walking in the park, I saw many birds.
  • Knowing she was ill, I asked her to finish washing dishes.
  • Disappointed at me, he did not talk with me for a week.

分詞

分詞には現在分詞形(ing)、過去分詞形(ed)の二種類があります。どちらの分詞も分詞構文で使われますが、現在分詞形が使われることの方が多いです。

分詞構文の訳し方

分詞構文を訳すときは主に以下のように訳します。

  • ~ながら
  • ~て
  • ~なので
  • ~だが
  • ~すると
アシスタント
アシスタント

分詞構文は「~ながら」と訳すときが多いです。「分詞構文の訳し方は~ながら」とまずは覚えておきましょう。

それぞれの文の日本語訳は以下のようになります。

  • He went to the beach, singing his favorite song.(大好きな歌を歌いながら、彼は浜辺に行った。)
  • I looked at the moon, thinking about my parents.(両親のことを思いながら、私は月を見た。)
  • My brother, being a shy boy, did not know how to talk with girls.(内気な男性なので、兄は女性との話し方がわからなかった。)
  • Turning to the right, you will find a post office.(右に曲がると、郵便局があります。)
  • Walking in the park, I saw many birds.(公園を歩いて、たくさんの鳥を見た。)
  • Knowing she was ill, I asked her to finish washing dishes.(彼女が病気だと知っていたが、私は彼女に皿を洗うように頼んだ。)
  • Disappointed at me, he did not talk with me for a week.(私に失望したため、彼は一週間私と口をきかなかった。)

分詞構文の主語

分詞構文(黄色い下線部分)には主語がありませんので、その動作の主語は誰(何)なのか一見するとわかりませんが、その主語は主節(分詞構文じゃないほうの部分)の主語と同じです。

  • He went to the beach, singing his favorite song.(大好きな歌を歌う人は「彼」。浜辺に行った人も「彼」。)
  • I looked at the moon, thinking about my parents.(両親のことを思う人は「私」。月を見た人も「私」。)
  • My brother, being a shy boy, did not know how to talk with girls.(内気な男性なのは「兄」。女性との話し方がわからないのも「兄」。)
  • Turning to the right, you will find a post office.(右に曲がるのは「あなた」。郵便局を見つけるのも「あなた」。)
  • Walking in the park, I saw many birds.(公園を歩いたのは「私」。たくさんの鳥を見たのも「私」。)
  • Knowing she was ill, I asked her to finish washing dishes.(彼女が病気だと知っていたのは「私」。彼女に皿を洗うように頼んだのも「私」。)
  • Disappointed at me, he did not talk with me for a week.(私に失望したのは「彼」。一週間私と口をきかなかったのも「彼」。)

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました