英語で未来を表す方法を学ぼう。

文法
文法
この記事は約3分で読めます。

英語の動詞には過去形という形がありますが、未来形はありません。

基本

まず、基本的な未来の表し方として次の二つを覚えましょう。

  • will
  • be going to

訳し方:~でしょう、~するつもりです、~する、~する予定です

せんせい
せんせい

どちらの表現にどの訳し方を使っても大丈夫です。

せいと
せいと

学校では will が「でしょう」、be going to が「つもりです」と習うことがよくあります。

使い方

  • will + 動詞の原形
  • be going to + 動詞の原形

be going to の be は主語によって変わります。

使用例

  • I will go to Europe next month. 私は来月ヨーロッパに行くつもりです。
  • I am going to go to Europe next month. 私は来月ヨーロッパに行くつもりです。
  • He will make cakes for his mother. 彼は彼のお母さんのためにケーキを作ります。
  • He is going to make cakes for his mother. 彼は彼のお母さんのためにケーキを作ります。
  • They will be happy. 彼らは幸せでしょう。
  • They are going to be happy. 彼らは幸せでしょう。

be って何?

be は be動詞の原形です。

例えば「彼らは幸せです。」と現在のことを表現したい場合、They are happy. となります。

これを上記例のように未来の文に変えると、助動詞 will が be動詞の前に置かれ、be動詞の are は 原形の be に変わります。

助動詞 will の後は必ず動詞は原形です。

応用

基本の2つを覚えたら、次に応用表現も学んでおきましょう。以下の2つは日常会話では頻繁に使われます。

  • be about to:まさに~するつもりだ
  • 現在進行形を使って近い未来を表す。訳し方は「~でしょう」や「~するつもりです」で大丈夫です。

使い方

「基本」のところでもやりましたが、be は主語によって変わりますので注意が必要です。

現在進行形なのに未来形?

これは多くの学習者がつまづくポイントでしょう。

現在進行形は「今起きていること」を表し「今~している」と訳します。

ですから未来とは関係ありません。

しかし、現在進行形の「be動詞 + 動詞の ing」という形は未来を表すことも可能なのです。

どちらの意味なのかは文脈から判断します。

見た目は同じでも全くの別物だと理解しておく必要があります。

使用例

  • I am about to call him. 私は今まさに彼に電話をするつもりです。
  • I am calling him. 私は彼に電話をするつもりです。
せいと
せいと

I am calling him. は文脈によっては「私は彼に電話している。」と現在進行形の訳になることもあります。

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました