【基本の英語・中学2年生】比較級の文とは何か。その訳し方や作り方を学ぼう。

文法
この記事は約3分で読めます。

比較級の文

比較級は二つのものを比べるときに使います。

例文を見てみましょう。

Example

He is taller than me.

彼は私より背が高いです。

比較級の文で大切なのは以下の二点です。

  • 形容詞に er をつける。
  • その後に than を置く。
せんせい
せんせい

than は「より」という意味です。比較級の文以外で使われることはまずありません。

形容詞の比較級の作り方 その1

前述のとおり、比較級の文では形容詞には er が付きます。この形容詞に er が付いた形を形容詞の比較級といいます。

形容詞の比較級の作り方には以下のルールがあります。

er の付け方

  1. 形容詞にそのまま er をつける(tall → taller, cold → colder
  2. 形容詞の語尾が「子音+ y 」のときは、その y を i に変えて er をつける(happy → happier
  3. 「短い形容詞」の語尾が「母音+ t 」のときは、t をもう一つ加えて er をつける(hot → hotter
アシスタント
アシスタント

「短い形容詞」は、具体的にはだいたいアルファベット3つの場合が多いです。

形容詞の比較級の作り方 その2

実は、形容詞の比較級には er を語尾に付けるのでなく、more という単語を形容詞の前に置くものもあります。例えば expensive(高い、高価な)の比較級は more expensive になります。

他の例もみてみましょう。

Example
  • interesting(おもしろい)→ more interesting
  • convenient(便利な)→ more convenient
  • famous(有名な)→ more famous
  • dangerous(危険な)→ more dangerous

二種類の比較級

どの形容詞の語尾に er をつければいいのか。どの形容詞の前に more を置けばよいのか。

はっきりとしたルールはありませんが、短い形容詞(だいたいアルファベット5つ以下)には er を語尾につけて、長い形容詞(アルファベット6つ以上)には more を前に置くと考えておけば、ほぼ問題ありません。

形容詞の比較級

  • 短い形容詞(アルファベット5つ以下):er を語尾につける
  • 長い形容詞(アルファベット6つ以上):more を前に置く

すぐに使える比較級の例文

  • 私は彼より背が高い。→ I am taller than him.
  • 母は父よりやさしい。→ My mother is kinder than my father.
  • このトマトはあのトマトよりおいしい。→ This tomato is yummier than that tomato.
  • 都会は田舎より家賃が高い。→ Rents in cities are higher than those in rural areas.

合わせて学習しておこう

タイトルとURLをコピーしました