南アフリカに勝利したラグビー日本代表の監督はオージー。

スポーツ
スポンサーリンク

エディ・ジョーンズ

日本ラグビー代表の監督はオーストラリア、タスマニア州出身のエディ・ジョーンズ。

映像の1分19秒あたり、エディが言う。

We are not done mate.

(私たちは何も成し遂げていない。)

闘魂注入の mate

会見で日本の勝利を冗談を交えながら謙虚に振り返っていたエディがマジになった瞬間だった。 この mate こそがオージー魂を感じさせる言葉。

ちなみに「オージー」は英語で Aussie と綴り、「オーストラリア人」という意味。

気持ちと気持ちがぶつかりあうとき、相手になめられたくないとき、自分自身を鼓舞させるとき、リアルなトーンでこの言葉を文章の最後につけると、聞いてる方は「こいつはマジだ」とグッと耳を傾ける。

mate の使い方

オージーの口癖、mate。発音は「マイ」みたいな感じで、最後の「ト」の音はほとんど聞こえない。

また、mate は上記のような使い方のほかに、気軽にあいさつの語尾につけたりして使う場合もある。

受身形なのに現在完了形

We are not done は「私たちは(何も)終えてない」ということ。文法的には受身の形だが、このように現在完了の意味で使われることはよくある。