英語には「見る」でもいろいろな動詞がある。

動詞
スポンサーリンク

日本語の「見る」という動詞は「目を使って何かを見る」という以外の意味はないが、英語にはいろいろな「見る」がある。

see

see は「見る」の意味で一番広く使われる。see の「見る」は意識を集中させて積極的に見るということではなく、「視界に入る」とか「気付く」という概念に近い

watch

watch は動いているものを見るときに使う。「テレビを見る」は watch TV と習うが、これはテレビに写されているものは動いていることが多く、人はそれを意識して注意して見ているから。

映画は movie で「映画を見る」は watch a movie が正しいが、see a movie ということも少なくない。ネイティブはこの違いを家の外か中かで考えている。家の中で映画を見る場合は watch a movie で、映画館などで見る場合は see a movie となる。

look

look は対象となるものに対して目を動かすという概念をもつ。その対象物に動きはない。

look は「~を見る」と言いたいときは、必ず look at と look の後に at が来なければならない。see や watch は「~を見る」と言うとき、see や watch をそのまま使えばよい。

stare

stare は何かをじっと見ること。「~をじっと見る」は stare at となるので注意。

glance

glance は何かをちらっとと見ること。「~をちらっと見る」は glance at となるので注意。