【基本の英語・中学2年生】as 形容詞 as(~と同じくらい~) の使い方や訳し方を学ぼう。

文法
文法
この記事は約2分で読めます。

as 形容詞 as の文

as 形容詞 as の文は「二つのものが同じくらい~だ」と伝えたいときに使います。

例文を見てみましょう。

Example

He is as tall as me.

彼は私と同じくらい背が高いです。

Example

This orange is as big as that one.

このオレンジはあのオレンジと同じくらい大きいです。

as 形容詞 as の文で大切なのは以下の二点です。

  • as と as の間に形容詞を置く。
  • その形容詞は原級。
せいと
せいと

英語の形容詞は原級(元の形)、比較級、最上級を3つセットで覚えましょう。

否定文で使う

as 形容詞 as は否定文で使うと「~ほど~ではない」という意味になります。

Example

He is not as tall as me.

彼は私ほど背が高くはないです。

Example

This orange is not as big as that one.

このオレンジはあのオレンジほど大きくないです。

as 形容詞 as の前に倍を表す言葉を置くと「~倍の~」という意味になります。

Example

He is twice as tall as me.

彼は私の2倍背が高いです。

Example

This orange is three times as big as that one.

このオレンジはあのオレンジの3倍大きいです。

せいと
せいと

倍を表す言葉は twice(2倍)、three times(3倍)、four times(4倍)ぐらいまで覚えておくと便利です。

まとめ

A is as 形容詞 as B

  • 肯定文:A は B と同じぐらい「形容詞」
  • 否定文:A は B ほど「形容詞」ではない
  • 倍を表す言葉を as 形容詞 as の前に置く:A は B の~倍「形容詞」

合わせて学習しておこう

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました