【初心者必見・基本の英語】be動詞とは何か。きちんと使い分けられるようになろう。

中学生
中学生文法
この記事は約2分で読めます。

一般動詞と be動詞

英語の動詞には2つのグループがあります。一つは一般動詞、もう一つは be動詞です。全ての動詞はいずれかのグループに属します。

英語の動詞グループ

  • 一般動詞
  • be動詞
せいと
せいと

be動詞の読み方は「びーどうし」です。

このページでは be動詞にフォーカスをあてます。

be動詞の現在形

覚えるべき be動詞は is, am, are の3つ。

これらは現在形の be動詞で「です」と訳されることがほとんどです。

be動詞(現在形)「~です」

  • is(イズ)
  • am(アム)
  • are(アー)

括弧内のカタカナは発音を表していますが、実際の発音は少し異なります。

使い分け方

is, am, are は全て「~です」という同じ意味をもっていますが、主語によって使い分けなければなりません。また、通常 be動詞は主語のすぐ後にきます。

使い分け方

  • I am -(主語が
  • You are, We are, They are -(主語があなた、私たち、彼ら
  • He is, She is -(主語が彼、彼女

この組み合わせは絶対です。きっちり覚えましょう。

be動詞の過去形

覚えるべき be動詞は was, were の2つ。

これらは過去形の be動詞で「でした」と訳されることが多いです。

be動詞(過去形)「~でした」

  • was(ワズ)
  • were(ワー)

括弧内のカタカナは発音を表していますが、実際の発音は少し異なります。

使い分け方

was, were は全て「~でした」という同じ意味をもっていますが、主語によって使い分けなければなりません。また、通常 be動詞は主語のすぐ後にきます。

使い分け方

  • I was(主語が
  • You were, We were, They were(主語があなた、私たち、彼ら
  • He was, She was, It was(主語が彼、彼女、それ

この組み合わせは絶対です。きっちり覚えましょう。

スポンサーリンク
英語まとめ

Have Your Say

タイトルとURLをコピーしました