文法

助動詞

文法
この記事は約2分で読めます。

助動詞と呼ばれる代表的なものは以下の通り。

  • will
  • would
  • can
  • could
  • may
  • might
  • shall
  • should

可能性を表す助動詞

will, can, may

will, can, may は可能性を表す。will は何かしらが実現する可能性が非常に高いときに使う。can は will よりは実現する可能性が低い。may は can より実現する可能性が低い。

Example
  • I will go to Canada.(私はカナダに行くだろう。)
  • I can go to Canada.(私はカナダに行ける。)
  • I may go to Canada.(私はカナダに行くかもしれない。)

上記の例で下の文ほど、私がカナダに行く可能性が低い

would, could, might

will, can, may の過去形である would, could, might は、will, can, may の可能性をさらに低くしたいときに使われる。

「過去形」という名前がついているが、過去の要素はこの場合は一切ない。

Example
  • I would go to Canada.(私はカナダにたぶん行くだろう。)
  • I could go to Canada.(私はカナダに行けるかもしれない。)
  • I might go to Canada.(私はカナダにひょっとすると行くかもしれない。)

上記の例で下の文ほど、私がカナダに行く可能性が低い

可能性を表す助動詞の順番

可能性を表す代表的な助動詞6つを可能性の高い順に並べると以下のようになる。

  • will(可能性が一番高い)
  • would
  • can
  • could
  • may
  • might(可能性が一番低い)
スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました