一度は聞いたことがあるかもしれない「ブル」がつく言葉。

単語
スポンサーリンク

映画のタイトルやグループ名で使われることも少なくない「ブル」は英語の able のことで、可能(~できる)を表す。時に ble だけで使われることもある。

untouchable

カタカナで「アンタッチャブル」とすれば、有名芸人コンビの名前になる。The Untouchables という映画もあった。un は否定の接頭辞。touch は「触る」。able は可能を表す接尾辞。

untouchable は「触ることができない」、「触れてはならない」の意味。

例えば、決して届かない遥かかなたの山の頂も untouchable と表現される。

invincible

イングランドサッカープレミアリーグ、2003年~2004年シーズンのアーセナルは The Invincibles という異名をもった。invincible は「征服できない」、「負かすことができない」という意味。

このシーズンのアーセナルは一度も負けることなく優勝したので、そのようなニックネームがついた。

in は否定の接頭辞。vincible は「征服できる」という形容詞。

アーセナルは武器庫。
このページでは、お馴染みイングランドプレミアリーグの強豪チーム「アーセナル」の名前の由来等についてまとめています。

incredible

「並外れてすごい」という意味の形容詞。日常的にもよく使われる。単にすごいと言いたいときは awesome がよい。発音は「オーサム」のような感じ。

The Incredibles という映画では、並外れてすごい力をもつ一家がヒーローとなって困難に立ち向かっていく。

despicable

映画「怪盗グルーの月泥棒」の英語タイトルは Despicable Me。ミニオンが登場した初めての映画。

despicable は形容詞で「いけ好かない」。小生意気なミニオンのことを言っているのだろうか。Despicable Me は「いけ好かない俺」のような意味。

invisible

意味は「見えない」。in は否定を表す接頭辞。visi は vision(視覚)のことで、ble は可能を表す接尾辞。

2000年に公開された映画「インビジブル」では透明人間が造り出される。英語タイトルは Hollow Man。hollow は「すかすかの」という意味の形容詞。

unforgettable

「忘れることができない」の意味。un は否定の接頭辞。forget は「忘れる」。able は可能の接尾辞。綴るときはforget の後にもう一つ t が必要なので注意。

unpredictable

「予想できない」の意味。un は否定の接頭辞。predict は「予想する」。able は可能の接尾辞。

unbeatable

「打ち負かされない」、「絶対に負けない」の意味。un は否定の接頭辞。beat は「打ち負かす」。able は可能の接尾辞。

unbelievable

「信じられない」の意味。un は否定の接頭辞。believe は「信じる」。able は可能の接尾辞。「アンビリバボー」という日本語になっている。

irresistible

「抵抗できない」、「圧倒的な」の意味。ir は否定の接頭辞。resist は「抵抗する」。ible は可能の接尾辞。例えば She is irresistible. と言えば、「その女性は圧倒的な魅力がある」という意味になる。