時(when, till)や条件(if, unless)を表す副詞節内の未来時制は現在形で表現する。

文法
文法
この記事は約3分で読めます。

if(~ならば)他

未来のことを伝えるときは未来形を使いますが、以下の接続詞の後の文では未来形の代わりに現在形を使う、という例外ルールがあります。

時を表す接続詞

  • when(~のとき)
  • till, until(~まで)

条件を表す接続詞

  • if(~ならば)
  • unless(~でないならば)
アシスタント
アシスタント

when を「~ならば」と訳すときもあります。

例をいくつか見てみましょう。

Example

明日雨な試合はないだろう。

  • 誤:We will not have a match if it will rain tomorrow.
  • 正:We will not have a match if it rains tomorrow.
Example

来週飛行機の欠航がなければ友達はオーストラリアに行く。

  • 誤:My friends are going to Australia unless the flight will be cancelled next week.
  • 正:My friends are going to Australia unless the flight is cancelled next week.
Example

明日まみこに会ったこの本をあげるつもりです。

  • 誤:I am going to give this book to Mamiko when I will see her tomorrow.
  • 正:I am going to give this book to Mamiko when I see her tomorrow.

Example

来年大学を卒業した一年間世界旅行をしたい。

  • 誤:I want to travel around the world when I will graduate from university next year.
  • 正:I want to travel around the world when I graduate from university next year.
Example

わかるまで勉強する必要がある。

  • 誤:You need to study till you will understand them.
  • 正:You need to study till you understand them.

if(~かどうか)

if は「~かどうか」という意味で使うときもあり、この場合は未来のことはそのまま未来形で表現します。

Example

明日父が家に帰ってくるかどうかわからない。

I don’t know if my father will come back home tomorrow.

せいと
せいと

「~かどうか」の if は whether で置きかえることもできます。

まとめ

  • if や when の副詞節(~なら、~とき):現在形を使う
  • if や whether の名詞節(~かどうか):未来形を使う

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました