語彙

nothing の意味は何か。発音や使い方や例文も学ぼう。

語彙
この記事は約2分で読めます。

発音

日本語の「ナッシング」という言葉は nothing が語源です。nothing の発音では th の音に気を付けて発音しましょう。舌先を上下両前歯で軽く挟むことで th の音を出します。

意味

nothing は日本語に訳しにくい英単語の一つです。nothing は名詞で、元々もっている意味は「無し」「無(む)」「ゼロ」「何もないこと」「何でもないこと」などです。

文中では「何も~ない」とか「何でもない」と訳すとうまくいくことが多いです。

何も~ない

Example
  • Nothing stops me.(何も私を止めない。→私を止めるものは何もない。)
  • I have done nothing today,(私は今日何もしていない。)
  • He knows nothing of economy,(彼は経済のことは何も知らない。)
  • There is nothing to say.(言うべきことは何もない。)

何でもない

「何でもない」つまり「重要ではない」とか「意味をなさない」という意味で使われます。

Example
  • Money is nothing to her.(お金は彼女にとって何でもない。→重要ではない)
  • Don’t argue over nothing.(何でもないことで言い争うな。)
  • Staying home means nothing.(家にいることは何でもない。→意味がない)

nothing to do with

nothing to do with は「関係ない」と日本語で訳されます。会話でもよく出てくるので使い方をきちんと学習しておきましょう。

Example
  • She is nothing to do with this.(彼女はこのこととは関係ない。)
  • I like to watch movies that has nothing to do with my work.(私は仕事と何ら関係性のない映画を見ることが好きだ。)

nothing to do with の前は be動詞 か have を置きます。どちらでも構いません。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました