英語の基本五文型について

文法
スポンサーリンク

このページでは、英語の基本五文型の概要や基本五文型を理解するのに必要な文法用語を学ぶことができます。

基本五文型

基本五文型は以下の5つ。

  • 第一文型:主語+動詞(S+V)
  • 第二文型:主語+動詞+補語(S+V+C)
  • 第三文型:主語+動詞+目的語(S+V+O)
  • 第四文型:主語+動詞+第一目的語+第二目的語(S+V+O+O)
  • 第五文型:主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)
S:Subject, V: Verb, O: Object, C: Complement

文法用語

五文型を構成する要素

主語

文の「主」とみなされる言葉。日本語では助詞の「は」や「が」の前にあって、通常文頭に来る。英語でも主語は通常は文頭。

日本語の主語の例
  • は日本人です。
  • が去年他界しました。
  • 昨日食べた寿司はおいしかった。
英語の主語の例
  • I am Japanese.
  • My father passed away last year.
  • Sushi I ate yesterday was yummy.

動詞

動作や状態を表す言葉。英語にはBe動詞と一般動詞がある。Be動詞は am, is, are, was, were, been のこと。

am, is, are は「です」、was, were は「でした」と訳される。been は完了形で使われる。

述語について

国語の文法授業で文の構造を習うとき「主語+述語」という表現がよくでてくるが、英語の基本五文型を考えるとき「主語+述語」はでてこない。

述語は「動詞、形容詞、形容動詞」の総称。また、形容動詞という考え方は英語にはなく、それらは全て形容詞とみなされる。

目的語

動詞の目的になる言葉。例えば、eat は「食べる」という動詞だが、これだけでは何を食べるのかわからない。

日本語では目的語はたいてい助詞の「を」の前にあって、動詞の前に来る。英語では目的語は動詞の後に来る。

日本語の目的語の例
  • 私はビールを飲む。
  • 母は自転車に乗りません。
上記例のように日本語では目的語の後に助詞の「を」でなく「に」が来る場合もある。
英語の目的語の例
  • I drink beer.
  • My mother doesn’t ride a bike.

補語

補語は第二文型と第五文型で出てくる。第二文型では補語は主語と同じで、第五文型では補語は目的語と同じ

第二文型の補語の例
  • Money is important.(お金は大切だ。)
  • My father is a doctor.(父は医者だ。)
  • I got sick.(私は風邪を引いた。)

上記の例の場合、お金=大切、父=医者、私=風邪、という関係が成り立つ。だから、これらの文は第二文型といえる。

第五文型の補語の例
  • I call him John.(私は彼をジョンと呼ぶ。)
  • The music makes me sad.(その音楽は私を悲しくする。)
  • My mother finds the movie interesting.(母はその映画を面白いと思う。)

上記の例の場合、彼=ジョン、私=悲しい、映画=面白い、という関係が成り立つ。だから、これらの文は第五文型といる。

その他の用語

修飾語

修飾語は五文型の構成要素ではないが、説明の際にはよく使われる。修飾語は基本の五文型に付け加えられる情報のことで、それがなくても基本五文型は維持できる。

よく修飾語として使われる品詞は副詞や前置詞句。

前置詞句は on a chair などのように前置詞とそれ以外の単語で一つの意味を成しているもの。

I sit on a chair.(私は椅子に座る。)

on a chair が修飾語。上記の文は第一文型で I sit で完結しているが、どこに座るかという情報を足すために on a chair が付け加えられている。