雪の結晶のように脆くてキレやすい世代。

トピック別
トピック別
この記事は約1分で読めます。

雪の結晶はきらきら輝いていて美しい一方で、日が昇れば溶けてしまい触ればすぐに壊れてしまうので非常にもろいです。

もろくてすぐに壊れてしまう snowflake は精神的にもろくてすぐにキレる人間のようだということで、snowflake は「キレやすい人間」を意味するようになりました。

イギリスで「キレやすい人」という意味で使われ始めた snowflake は、2016年にコリンズの辞書(日本でいう広辞苑のようなもの)に載るぐらい社会に浸透しました。

その辞書の定義によると、snowflake が指すキレやすい人は2010年代に大人になった世代のことで、less resilient なのが特徴です。

resilient は「回復できる」という意味の形容詞で、人を形容するときは「(挫折や困難から)立ち直る力がある」というような意味で使われます。

less は「より少ない」という意味で形容詞の前に置かれるので、less resilient は「立ち直る力がより少ない」となります。

【ワールドトーク】初心者はバイリンガルの日本人講師に英語を習うほうが効率的です。

【プラン】
・一月3300円(税込)から。
【良い点】
・1回の25分レッスンは260ポイント(1ポイント1円)から。リーズナブルです。
・英文法や発音など分からないことは日本語で説明してもらえるので、安心です。
【注意!】
・1回のレッスンに必要なポイントは講師によって違います。
【お知らせ】
・英会話スクールを目的別にまとめています。ご興味のある方は下の詳細ページよりご覧ください。

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました