【現在完了形】経験用法のキーワードと共に訳し方や使用例も学ぼう。

中学生
中学生文法
この記事は約2分で読めます。

現在完了形の形

have + 過去分詞形

経験用法の訳し方

現在完了形「経験」の訳し方:~したことがあります

Example
  • I have eaten whales once.(私は一度くじらを食べたことがあります。)
  • My mother has played tennis before.(母は以前テニスをしたことがあります。)

キーワード

現在完了形が経験用法か見抜くキーワードがあります。それは

  • before(以前、前に)
  • ever(今までに)
  • never(一度も~ない)
  • 回数を表す言葉

です。

回数を表す言葉でよく使われるのは以下の通りです。

  • once(一回、一度)
  • twice(二回、二度)
  • three times(三回、三度)
  • four times(四回、四度)
アシスタント
アシスタント

三回以降は 数 + times で表現します。

せいと
せいと

例えば「10回」は ten times になります。

現在完了の文で before, ever, never か「回数を表す言葉」が使われていたら、経験用法なので「~したことがあります」と訳しましょう。

have been to

「~に行ったことがある」は have been to で表現します。「行く」の意味をもつ go の過去分詞形 gone は使いません。

Example

I have been to Brazil.

私はブラジルに行ったことがあります

基本文のまとめ

これだけは覚えておきたい現在完了経験用法の基本文です。

  • I have seen foxes once.(私は一度狐を見たことがあります。)
  • I have not seen foxes.(私は狐を見たことがありません。)
  • I have never seen foxes.(私は狐を一度も見たことがありません。)
  • Have you seen foxes?(狐を見たことがありますか。)
  • Have you ever seen foxes?(狐を今までに見たことがありますか。)

上級編

現在完了の経験用法を使ったちょっと難しい文をみてみましょう。

  • This is the sweetest cake that I have ever had.(これは私が今までに食べたことがあるケーキの中で一番甘いです。)

この文は現在完了形、関係代名詞、形容詞の最上級形の合わせ技です。

せんせい
せんせい

会話ではよく出てくる言い方ですので是非覚えておきましょう。

スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました