学校・教材・学習方法

【英語の勉強が続かない人へ】英語ができるようになる理由とは。英語を習得するための方法とは。

学校・教材・学習方法
この記事は約5分で読めます。

努力の継続

英語ができるようになりたい。

なぜ英語ができるようになりたいのかは人それぞれだと思うが、その目標を達成するためには英語習得のための努力を継続しなければならない。

努力が継続できないから大半の人は勉強し始めてある程度の時が経つと「英語ができない」とぼやきはじめる。そして英語ができない自分に嫌気がさして英語から遠ざかっていく。

何もこれは英語に限ったことではない。スポーツでも他の言語でも料理でも何でも、途中で止めてしまっては身につくものも身につかない。

英語ができないから嫌いになり続かなくなる。

英語力の上がり方

英語の力はいきなり上がると言われている。英語を勉強し始めて約三か月、目に見える成長がなかったとする。しかしその勉強をコツコツ続けて一年後、いきなり英語が聞き取れるようになった。今までは、知らない言葉が洪水のように耳に押し寄せていただけなのに、単語や熟語が聞き取れる。何を言っているのかがわかる。

これは継続して勉強することで英語の語彙を脳がインプットし続けて、ある程度以上の量の英単語や熟語や英会話表現が脳というコップに溜まってきたことを意味する。

どのレベルの英会話でも「え、何?この言葉、知らない。」という状況は必ずある。そういうときに我を見失い、挙動不審になり、頭の中でシャッターが降り、もう会話は随分先に進んでしまっているのが初心者。

英語上級者はわからない言葉が出てきても、それはそれで置いておいて会話を聞き続ける、ということができる。できるようになってくる。前後の文脈で判断できるからだ。

初心者が同じようにできないのは仕方がない。圧倒的に語彙力が少ないのだから。文脈も何もあったものではない。ただ、もし努力を継続して初心者用のテキストの会話内容が前よりも理解できるようになったのであれば、それは英語の階段を一つ上がった証拠だ。

「先週まではわけわかんなかったのに今週はなんか聞き取れてる!」こういう瞬間が英語の勉強を続けていれば必ずやってくる。

おすすめ

1日6分聞くだけの学習でいいそうです。

英語の学習とは

英語の語彙をある程度以上の量まで脳に記憶する

それに関することが理解できる

次の新しい英語の語彙をある程度以上の量まで脳に記憶する

それに関することが理解できる

次の新しい英語の語彙をある程度以上の量まで脳に記憶する

それに関することが理解できる

英語の学習とはこの連続に他ならない。英語ができるようになってくると新しい人や言葉との出会いがあるのが嬉しい。そして英語を使うことで自分の領域が広がっていくことが自覚できるのも嬉しい。その嬉しさがさらに英語を学ぼうという気持ちにさせてくれる。

忍耐力は必要

ダイエットなら一週間で500グラム落とすこともできるし、そうやって少しでも結果として受け止められるのであればやる気も続く。

しかし、英語はそうではない。ちゃんと勉強してるといきなり「あれ聞けてる?聞けてる!」という瞬間が来るのだ。だからこそ、英語の勉強を始めた初期段階は放り投げたくなる気持ちをぐっと我慢して、勉強を継続しなければならない。

これは自分自身とのたたかいでもある。自分をどれだけ信じることができるのか。

「私は無駄な努力をしているのではないか」そのように勘繰りたくなるときもあるだろう。そうであるならば、ライザップなどの専属のトレーナーをつけるのもいいだろう。

ライザップは結果にコミットすると謳っているだけある。専属トレーナーと二人三脚でゴールに向かって邁進できるのがいい。例えばたった「2か月」で英語をものにできるかどうか。ライザップはあたなを全面バックアップするだろう。全てはあなた次第だ。

おすすめ

自分は意志が弱いなと思う人向き。

自分に厳しく

そんなお金がないというのであれば、心を鬼にして自分が選んだ教材を理解するまでやりぬくことだ。

「じゃあどの教材がいいんだ」となる。数えきれないぐらいの英語教材や英語学校がこの世にあるが、どれもさほど変わらない。もちろん自分のレベルにあった教材を選ぶ上での話だ。全くの初心者が上級者の教材で勉強しても意味はない。

自分の力より少し上の教材で常に勉強するのが良いのだが、そういう意味でも初心者は特にリードしてくれる教師等がいると、変なところで迷うことなく効率的に学んでいけるのは言うまでもない。

社会人になった今、中学や高校のように勉強しろ勉強しろと口うるさく言ってくれる人もいない。反発しないでちゃんと勉強しておけばよかった。「英語つまんない」「英語の先生、なんかきもい」とか言わないで、勉強の機会を与えてくれた社会と親と学校と教師に感謝して、言われたら素直に勉強しておけばよかった。出された宿題をコツコツ勉強しておけばよかった。

そんな後悔をしてもしきれない人が今できることは、自分が手にとった教材、自分が入った英語学校を周りに流されたりすることなくきちんとこなすことであるのは間違いない。

ポジティブな言葉

英語ができなくてもとにかく好きな人、英語に限らず色々なことに好奇心旺盛で英語に対しても興味が溢れて止まらない人、などは英語学習の努力を継続するのは苦にならないだろう。

しかし万人がそうであるわけではない。

英語の勉強を継続するには英語の力が上がっていかない間に英語が嫌いにならないようにする必要がある。そのためには色々な角度から英語を好きになる努力をしよう。

英語のことが心から好きでなくても、意識的に自分で声に出して英語の良い点を言うことはできる。そうすることで自分自身英語を勉強することに対してポジティブな気持ちに徐々になっていけるのだ。

  • 英語っておもしろいなあ。
  • 英語って興味深いなあ。
  • 英語が使えるってかっこいいよなあ。
  • 国際語だから世界中で使える。すごいなあ。

悲しいときや気持ちがへこんでいるときこそ意識的に口角をあげることで、幸せな気持ちを増やしていく(それ以上悲しい気持ちに自分をさせない)ことができると言う。

英語の勉強も同じだ。英語の勉強が大変なときこそ意識的に英語学習の楽しさ、つまり英語の勉強を通しての発見や興味深い点を自分に伝えてみよう。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました