どのような方法で英語力は向上させることができるのか。

ゼロからの英語
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このページでは、英語の力をつけるために役立つことをまとめています。

留学

英語を身につけたいのなら、英語が使われている国に行って生活するのが一番手っ取り早いです。英語がわからなければ生活できない環境に身を置けば、英語の勉強をやりたくなくてもやるに違いありません。

英語教室

留学はお金がかかるし、家族の事情などで今すぐ海外にはいけないという人は留学の疑似体験を日本でできるだけ作るという方法があります。その代表的なものが英語教室。

ノバやイーオンなどの昔からある大手の教室だけでなく時間にフレキシブルなオンライン教室も最近では随分多くなっています。

英字新聞

これは上級者向けですが、英字新聞を読んだり英語の記事をインターネットで読む習慣をつけると、読解力と語彙力は飛躍的に向上するでしょう。

ネイティブと話す

仕事や人間関係で英語が母語の人と知り合いになることはあるので、もしそういう人が身近にいれば英語の勉強を手伝ってもらうといいかもしれません。

自分で勉強

教科書や参考書を使って自分で英語の勉強をするのも大切なことです。世の中にはいろいろな英語学習本や英語の音声教材があります。それらを上手に使って英語のボキャブラリーを増やしたり、英語のリスニング量を増やしたりしましょう。

学校の英語は疎かにしない

まず、あなたが学生で英語の授業があるのなら、あなたの英語の先生の言うことをちゃんと聞いて、宿題をやりましょう。そして、テストに向けて高得点がとれるように勉強しましょう。

「学校の英語で習う文法なんて日常英会話で役に立たない。時間の無駄だ。」

時々そんなことをいう人がいますが、そんなことは全くありません。

文法を知っていれば会話はもっと豊かになります。学校で学んだ文法知識は下地となって、将来あなたの英会話力を確実に引き上げてくれます。

学校の一科目である英語をあなたがどう取り組むかで英語の身に付き方は全然違ってくるのです。

学校の英語の授業は語彙や文法など宝の山です。質問があれば先生に直接聞けます。そして先生は喜んで教えてくれるでしょう。中間や期末などの定期テストは自分の英語の習熟度がその都度わかる素晴らしいシステムです。こんなにいいことだらけの学校英語を、英語の基礎力を作るために有意義に使わない手はありません。

タイトルとURLをコピーしました