どうやったら英語力が身につくのか。

ゼロからの英語
スポンサーリンク

このページでは、英語の力をつけるためには何をすればいいのかをまとめています。

留学

英語を身につけたいのなら、英語が使われている国に行って生活するのが一番手っ取り早いです。英語がわからなければ生活できない環境に身を置けば、英語の勉強をやりたくなくてもやるに違いありません。

ワーホリ・留学エージェント
留学やワーキングホリデーを実現させるためにはいろいろな準備が必要です。エージェントを上手に使って海外で勉強や仕事の夢を実現させましょう。

英語教室

留学はお金がかかるし、家族の事情などで今すぐ海外にはいけないという人は留学の疑似体験を日本でできるだけ作るという方法があります。その代表的なものが英語教室。

ノバやイーオンなどの昔からある大手の教室だけでなく時間にフレキシブルなオンライン教室も最近では随分多くなっています。

英会話教室・オンライン英会話教室
場所と時間を選ばないオンライン英会話はますます普及しています。うまくこのサービスを使うことで英語力向上につなげましょう。

英語が母語の人

仕事や人間関係で英語が母語の人と知り合いになることはあるので、もしそういう人が身近にいれば英語の勉強を手伝ってもらうといいかもしれません。

自分で勉強

英語が必要だ、英語ができるようになりたい、と思って自分で英語の勉強をする人が世の中にはいます。自分の部屋や図書館でいろいろな教材を使って勉強することは素晴らしいことです。

しかし、これで英語が身につく人はほんの一握りです。たいていの人はいろいろな誘惑や邪魔が入って初志貫徹できることはありません。

  • 目標を立てたら、ぶれずにそれを達成するまで勉強し続けよう。
英語学習本
いろいろな英語学習本が毎年発売されています。有名な本や気になった本をまとめました。
英語音声教材
自分にあった教材を選んで英会話力やリスニング力を向上させましょう。

学校の英語

まず、あなたが学生で英語の授業があるのなら、あなたの英語の先生の言うことをちゃんと聞いて、宿題をやりましょう。テストに向けて高得点がとれるように勉強しましょう。

「学校の英語で習う文法なんて日常英会話で役に立たない。時間の無駄だ。」

時々そんな言い訳を耳にしますが、そんなことは全くありません。文法を知っていれば会話はもっと豊かになります。要するに、学校の一科目である英語をあなたがどう取り組むかで英語の身に付き方は全然違ってくるのです。

  • 学校の英語の授業は語彙や文法など宝の山。
  • 質問があれば先生に直接聞ける。そして教えてくれる。
  • 中間や期末などの定期的なテストで自分の英語の習熟度がわかる素晴らしいシステム。
  • 英語の基礎力を作るためにこれらを有意義に使わない手はない。