die と dead の違いは何か。「死ぬ」を表す英語のいろいろな表現。

語彙
スポンサーリンク

人が死んだことを表現する英語の言葉はいくつかあります。

一般的な二通りの言い方

例えば「父が死んだ」と英語で言いたいときは一般的に以下の二通りが考えられます。

  • My father died.
  • My father is dead.

die

日本の学校で英語を習うときは die が一番よく聞かれる言葉ではないかと思います。die は「死ぬ」という意味の動詞で、人が死んだときに使われる一般的な言葉です。

日本語では誰かが死んだときは「死ぬ」や「死去する」や「亡くなる」を使いますが、特に事故や事件で死んだ人に対しては「死亡する」を使います。

英語ではそのような使い分けはなく、事件でもそうでなくても人が死ねば die を使います。

dying

ちなみに My father is dying. と die を現在進行形で使うこともでき、その場合は「父はもう死にそうだ」、「父は死に近づいている」という意味を表します。

dead

dead は「今死んだ状態にある」という意味の形容詞です。日本語では「父が死んだ」と過去形になりますが、dead を使ってそれを表現する場合は「父は今死んだ状態にある」つまり My father is dead. と現在形で表現しなければなりません。

「父が死んだ」の「死んだ」という過去時制につられて My father was dead. とすると、「父は過去のある時点で死んだ状態だった」という意味になり「それなら今は死んでないのか?」という話にもなりかねません。

pass away

「死ぬ」ということをちょっと丁寧に言いたいときは pass away を使います。例えば My father passed away. は「父は亡くなった」と表現することができます。

  • My father died. (父は死んだ。)
  • My father is dead. (父は死んだ。)
  • My father is dying. (父はもう死ぬ。)
  • My father passed away. (父は亡くなった。)