【確実に理解しておきたい英会話フレーズ】話の輪に入るときに使ったり、しらばっくれたりするときにつかう表現。

役に立つ会話表現
スポンサーリンク

What are you talking about?

何を話しているんですか。

会話の輪に入るときに使ったり、話しているトピックがよくわからないときなどに非常によく使われます。

相手が何を話しているか理解しているけれども、自分にとっては都合の悪いことなので知らないふりをするときに使われることもあります。

Example

A: You broke the window, didn’t you?
(あなたが窓を割ったんだよね?)

B: What are you talking about?
(何言ってるの?)