【街角の本物の英語表現】アメリカでは「お持ち帰り」は takeout だが、イギリスやオーストラリアでは takeaway という。

看板・掲示物
この記事は約1分で読めます。

お弁当などを家に持ち帰るときの「お持ち帰り」という言い方はアメリカ英語とイギリス英語では異なります。日本ではアメリカ英語が主流なのでアメリカの言い方が浸透しています。

takeout

takeout

お持ち帰り(アメリカ英語)

  • 元々は take out という動詞(群動詞)。

takeaway

takeaway

お持ち帰り(オーストラリア英語)

  • 元々は take away という動詞(群動詞)。
せんせい
せんせい

アメリカでは、例えばわがままを言う子供からおもちゃを取り上げることを take away といいます。

以下の写真はオーストラリアにあるトルコ料理店の看板です。赤い下線を引いたところに takeaway とありますね。その前の dine in(ダインイン)は中で食べることを意味します。

タイトルとURLをコピーしました