人を utilize することはまずない。

スポーツ
スポンサーリンク

エンゼルスの新監督に日本人が英語で大谷の起用法について尋ねたときに使った utilize という言葉。

これは「利用する」とか「活用する」という意味で使われるが、人が目的語になることはまずない

質問者は「大谷を活用する」という意味で utilize を使ったのかもしれないが、ブラッド・オースマス監督は苦笑いでその質問を繰り返し、「彼は多分ヒットを打つよ」と適当な返事でまず答えた。そして「どこかの時点で投げることもあるだろうね」と続けた。

utilize は use と同義語で要するに「使う」ということ。大谷は打つか投げるかで使われるので、オースマスの返答は至極当然。

オースマスはその後も大谷が優れた選手であること、今年の大谷の活躍は予想以上だったことなどを話すにとどめていた。

そのやりとりは動画の11分7秒あたりから。