throw to と throw at の違い

熟語
スポンサーリンク

throw at と throw to 、どちらも「~に向かって(何かを)投げる」という意味ですが、中身は全然違います。

throw to

まず、

He throws balls to me.

(彼は私にボールを投げる。)

この意味するところは「彼はボールを私に取ってほしいと思う気持ちで私に向かって投げる」で、優しさが感じられます。

throw at

一方、

He throws balls at me.

(彼は私にボールを投げる。)

これは「彼は私をめがけてボールを投げる」という意味で、私は彼のボールの的となっています。かなりの速い球が投げられることが予想されます。

at は「に」と訳されることが多いですが、これはターゲットとなる的対してという意味を含んでいます。

問題

節分で鬼に豆を投げるときは to と at どちらの前置詞を使うでしょうか。

答えは

People throw beans at demons.

(人々は鬼に豆を投げる。)

です。