ネイティブ英語

スポンサーリンク
文法

【一つ上の英語】違うようで非常によく似ている each と every の使い方に注意しよう。

each も every も「一つ一つ」の人や物にフォーカスを当てる言葉という意味で非常によく似ていますが、決定的な違いがあります。詳しくみてみましょう。
文法

【一つ上の英語】So do I. や Neither do I. は「私も。」という意味。発音や使い方を学ぼう。

So do I. や Neither do I. の形は時制、動詞の種類、助動詞の有無でいろいろと変化します。
文法

【一つ上の英語】worth の文を確実に使いこなそう。

worth という言葉は日常会話でよく出てきますが、使い方がちょっと難しいですので、このページできちんと学んでおきましょう。
会話表現

【ネイティブの英語】out of pocket は「自腹の」「損をした」という意味。その発音と使い方も学ぼう。

「財布がスッカラカン」はどう表現するのでしょうか。
会話表現

【ネイティブの英語】on the same page は「同じ考えをもっている」という意味。その発音と使い方も学ぼう。

ミーティングなどで上司や監督がチームの団結を促すときによく使われる表現です。
会話表現

【ネイティブの英語】in the same boat は「みんな同じ困難な状況にある」という意味。その発音と使い方も学ぼう。

不平不満を言っている人に使ったり、落胆している人を勇気づけるのに使ったりします。
トピック別

【オーストラリア英語】You’ve got a hide. は「面(つら)の皮が厚い(図々しい)」という意味。その類似表現や語源も学ぼう。

hide は「皮」の意味で使われていますが、元々は象の皮を指していました。
会話表現

【ネイティブの英語】on the fence は「決められない」という意味。その発音と使い方も学ぼう。

sit on the fence は「フェンスの上に座る」ことです。それがどうして「決められない」という意味になるのでしょうか。
会話表現

【ネイティブの英語】FYI は For Your Information を省略した形。意味は「ご参考までに」など。

ビジネスの場面等で資料を送信したりするときに使います。
会話表現

【ネイティブの英語】flag を動詞で使おう。

flag の基本的な意味は「旗」ですが、それから派生した動詞の使い方がいくつかあります。また flag は「死亡フラグ」や「恋愛フラグ」という言葉の「フラグ」の語源でもあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました