中学英語

中学英語

中学英語は基本的な日常英会話の土台です!

英語で話しているネイティブたちを見て、海外ドラマの英語の会話を聞いて、「こんなふうにペラペラしゃべれたらいいなあ」と思う人は多いでしょう。

しかし、日常の英会話に限って言えば彼らの使っているほとんどの英語は中学英語でカバーされているのです。

英会話を上達させたいのであれば、中学英語をマスターしましょう!

スポンサーリンク
文法

【中学英語・前置詞の使い方】in は月か季節、on は曜日、at は時間の前に置かれる。

例えば「四月に」「月曜日に」「六時に」などのように、月や曜日や時間を表現するとき日本語では「に」を使います。しかし英語ではそれぞれの場合で in と on と at を使い分ける必要があります。このページできちんと学習しましょう。
文法

【中学英語】現在形、現在進行形、過去形、過去進行形の訳し方。

現在形と現在進行形はどのように違うのでしょうか。また、過去形と過去進行形はどのように違うのでしょうか。日本語の訳し方をみてみましょう。
文法

【中学英語の盲点】「緊張する」は日本語では動詞だが英語では形容詞扱い。

「~する」と訳すのに動詞ではない。そんな単語が英語にはあります。代表的なのは「ワクワクする」や「困惑する」などです。これらは形容詞なので形容詞として扱わなければなりません。
文法

【基本の英語・中学1年生】radio の前に the をつける理由。

radio は数えられる名詞ですから a を付けて a radio と言ってもよさそうですが、ラジオを聞くと言いたいときは listen to the radio となります。なぜでしょうか。
文法

【基本の英語・中学1年生】piano の前に the をつける理由。

piano は数えられる名詞ですから a を付けて a piano と言ってもよさそうです。また複数のピアノがあるとしたら pianos でもよさそうです。なぜ play a piano や play pianos ではだめなのでしょうか。実はだめじゃないんです。
語彙

【基本の英語・中学1年生】any の意味、発音、使い方を学ぼう。

any は主に疑問文と否定文で使われる言葉です。疑問文で使われる any は日本語に訳しずらいので、このページできちんとそのニュアンスを学びましょう。
語彙

【基本の英語・中学1年生】疑問詞 what の意味、発音、使い方を学ぼう。

疑問詞 what には大切な意味が2つあります。一つは「何」です。これを知っている人は多いと思います。ではもう一つの意味は何でしょうか。
文法

【基本の英語・中学1年生】現在分詞形を作る方法。ing の付け方を学ぼう。

現在進行形を作るときに必須な現在分詞形。動詞の最後の文字が何かによって ing の付け方が若干異なってきます。このページできっちり学習しましょう。
文法

【基本の英語・中学1年生】現在進行形とは何か。その訳し方や作り方を学ぼう。

現在進行形は中学1年生で習います。現在進行形は只今起きていることを描写する文法です。日常生活で頻繁に使われるというわけではありませんが知っていて損はないのでこのページでしっかり学習しましょう。
文法

【基本の英語・中学1年生】be動詞(現在形)を使い分けよう。

is, am, are はどれも「~です」という意味で使われますが、どのように使い分ける必要があるのでしょうか。きっちりこのページで覚えましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました