演説:キング牧師「私には夢がある」

政治・経済・社会・国
スポンサーリンク

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの有名な演説を使って英語を学びましょう。このページで学習する演説は映像の最初から36秒まで。

though, even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream. I have a dream that one day this nation will rise up, live out the true meaning of its creed. We hold these truths to be self-evident that all men are created equal.

The speech ‘I have a dream’ by Martin Luther King, Jr.

though, even though we face the difficulties of today and tomorrow
(私たちは今日も明日も困難に直面するのだが)

though は「~けれども」を意味する。even though は though の強調形。we は「私たち」、face は「直面する」、difficulties は「困難」を意味する。

of は「~の」。today は「今日」、 tomorrow は「明日」を意味する。and は接続詞で、「と」と訳されることが多い。

I still have a dream.
(私にはそれでもまだ夢がある)

I は「私」。still は「まだ」。dream は「夢」。have a dream で「夢がある」となる。

It is a dream deeply rooted in the American dream.
(それはアメリカンドリームに深く根差した夢だ)

It is a dream は「それは夢だ」。どんな夢なのかはその後にある。deeply は「深く」、rooted は「根ざした」の意味。in は「~の中に」。the American dream は「アメリカンドリーム」。

I have a dream that one day this nation will rise up,
(私には夢がある。ある日この国が立ち上がり、)

I have a dream は「私には夢がある」。その後の that は「同格の that 」で「という」と訳されることが多い。that の前には dream があって、どんな dream なのかが that 以下に書かれてある。

one day は「ある日」。this は「この」、nation は「国」の意味。will は未来や意志を表す助動詞。rise up は「立ち上がる」。

live out the true meaning of its creed.
(本当の意味でのアメリカの信念を実現する)

live out は「実現する」の意味。the は通常「その」だが今回は訳さないほうがよい。true は「本当の」、meaning は「意味」、of は「の」を意味する。its は「その」だがこれも訳さないほうがよい。creed は「信念」。

ここでの信念は差別のない社会をつくること。

We hold these truths to be self-evident that all men are created equal.
(全ての人々が平等に生まれることは自明の真理だと私たちは考える)

we は「私たち」。hold は「持つ」という意味で使われることが多いが、この場合は「考える」。these は「これらの」で、this の複数形。truths は「真実」や「真理」という意味の truth に s がついた複数形。

to は不定詞の形容詞的用法。self-evident は「自明の」という意味の形容詞。truths to be self-evident は「自明であるための真実」つまりは「自明の真実」となる。

that は「同格の that 」で「という」と訳されることが多い。that の前方には truths があって、どんな truths なのかが that 以下に書かれてある。

all は「全ての」。men は man の複数形で「人々」。create は「創造する」。are created は受身形で「創造される」となる。equal は「平等な」。