部屋を水浸しにしたのか。五輪サッカー男子

スポンサーリンク

オリンピック日本サッカー代表が宿泊していたグラスゴーのマリオットホテル。

The player kicked the ball into a sprinkler and set off the system, flooding rooms.

A row broke out over who was liable for the damage.

ロンドンオリンピックサッカー男子日本代表が、

スペイン戦前に利用したグラスゴーのホテルで、

蹴ったサッカーボールが消火用スプリンクラーに当たり、

スプリンクラーが作動。部屋を水浸しにしたという。

「水浸し」というときには「flood」を使う。

「flood」は「洪水」という意味で使われるが、そういう自然災害でなくても使われる。

「flood rooms」とすれば「部屋を水浸しにする」と動詞として使うことができる。

日本サッカー代表とホテルの間に、今回このような「騒動が起こった」わけだが、

「騒動が起こった」は英語で「A row broke out」と表現する。

「row」が「騒動」で「broke out」は「起こった」。

「row」は普通「ロウ」と発音するが、「騒動」という意味の「row」の発音は「ラウ」なので注意。

ちなみに

被害総額は8万ポンド、日本円で約1000万円だったらしい。