フィリピン人講師との英語学習。本当に大丈夫なのか。 

おすすめ・レビュー
この記事は約3分で読めます。

英語先進国

答えはもちろん大丈夫です。

フィリピン人は第二言語として英語を習得しますから、厳密にいえばネイティブではありません。

しかし、フィリピン人で英会話講師になっている人たちの英語レベルはネイティブレベルです。

フィリピン人はタガログ語などの母語を習得する一方で、第二言語として英語を幼少期から学びます

そして多くのフィリピン人がネイティブレベルの英語を習得します。

日本では考えられませんが、フィリピンという国が英語を公用語にするぐらい英語は社会に浸透しています。

日本と比べて明らかな「英語先進国」のフィリピンから学べることは多くあります。

下に見ていないか

ですが日本人はフィリピンという国そしてフィリピン人をどこか下に見ているところがないでしょうか。

技術が発達した先進国の日本に出稼ぎにくる貧しい国の人たち。

フィリピンパブではたらくフィリピーナ。

英語に関してもそうです。

どうしてフィリピンの英語を習うことをためらう人が多いのでしょうか。

アメリカやイギリスの英語より下に見ているからでしょうか。

「フィリピン英語は訛りがあってちょっと気が引ける」と。

訛りはどの英語にもある

フィリピン英語の訛りを気にする人もいるようですが、どの英語にも訛りはあります。

そして訛りはコミュニケーションを妨げません

日本語の方言と同じです。

非常にきつい訛りをもつ方言を除いて、例えば東京、大阪、京都、福岡それぞれの日本語は若干異なりますがお互い理解するのには問題ありません。

フィリピン、アメリカ、イギリス、オーストラリアの英語の違いや訛りはそのぐらいのものです。

標準語と津軽弁ぐらいに違うものではありません。

アメリカ英語の訛り

日本の学校教育で習う英語はアメリカの英語なので、日本で英語と言えばアメリカです。

ですから「アメリカ英語が正当な英語だ」と思っている人は多いかもしれまんせんが、しいて言えば正当な英語はイギリス英語です。

英語はイギリスが起源で、イギリス人がアメリカに渡ってアメリカ英語が生まれ、オーストラリアに渡ってオーストラリア英語が生まれました。

「正当な」イギリス英語やオーストラリア英語を使う人からすればアメリカ英語はかなり違和感のあるものです。

アメリカ英語はRの音がとにかくきついのです。

「どうしてそこまで舌を丸めてそんな音を出す必要があるのか」と多くのイギリス人やオーストラリア人は思っていることでしょう。

訛りは意志疎通を妨げない

そのような訛りのあるアメリカ英語を使う人とイギリス人とオーストラリア人とフィリピン人が4人で会話したとしても全く問題なく意思疎通ができます。

つまり訛りがあったとしても英語の基本をきちんと理解して使えるようになっていれば、ネイティブの英語でも第二言語として学んだ英語でも理解できるのです。

もしフィリピン英語の訛りを下に見ている人がいるのならば、それはその人の差別意識の問題であり、フィリピン英語が悪いわけではありません。

いわゆるマウンティングやいじめをする人はどの時代どの国にもいます。以下は良い例でしょう。

英語が公用語の国

世界ではいろいろな国で英語が公用語として使われていて、それぞれアクセントや使う単語が違ったりします。

フィリピンはその1つで、フィリピン英語は英語として全くもって問題ありません。

自信をもってフィリピン人講師の英語レッスンを受けましょう!

自分が知っているものと違うから排除するのではなく、多様な文化を受け入れる姿勢を英語学習を通しても身につけてもらいたいものです。

英語が公用語の主な国

  • イギリス
  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • フィリピン
  • シンガポール
  • インド

タイトルとURLをコピーしました