オバマ大統領の広島での演説 その2

演説
スポンサーリンク

2016年にアメリカの現職大統領として初めて広島平和記念公園で戦争のスピーチをしたバラク・オバマ。彼のスピーチと共に英語を学びましょう。

単語

フラッシュカード等で本文に出てくる重要単語を学ぼう。

本文

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors having learned to make blades from flint and spears from wood used these tools not just for hunting but against their own kind. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated. And at each juncture, innocents have suffered, a countless toll, their names forgotten by time.

動画

このページで取り上げるスピーチは 4:17 から 5:32 まで。

解説

compel

類似語としては force や make がある。これらの動詞は「compel(または force, make)+人+to 動詞」という形で使われることが多く、意味は「人に動詞するように強要する」。

  • compel him to follow the law(彼に法律に従うように強要する)
  • force him to work everyday(彼を毎日働かせる)
  • make me do that(私にそれをさせる)

make を使う場合は to は省略される。make が一番カジュアルな単語で、子供もよく使う。

Make me! とは「やれるもんならやってみろ!」。Make me! の後に動詞が来るはずだが、それは状況でわかっているのでわざわざ言わない。

Make me!【やってみろ!】
言うことを聞かない人、指示に逆らう人、ルールに反する行動をとる人。