【洋楽で英語上達】Europe の The Final Countdown で英語を学ぼう。

芸能・エンタメ
この記事は約3分で読めます。

このページでは Europe の The Final Countdown の歌詞に出てくる、日常でもよく使われる英単語や熟語を解説しています。

Europe – The Final Countdown (Official Video)

1980年代を代表する名曲で、誰もが一度は聞いたことがあるサウンドではないでしょうか。

この曲は旅立ちがコンセプトで、核戦争が起こっている地球から脱出して他の星に移住することを歌っています。

We’re leaving together

意味:私たちは共に去ろうとしている
  • We は「私たちは」。
  • We’re は We are の省略形。
  • leaving は「去る」という意味の動詞 leave に ing がついた形(現在分詞形)。
  • are leaving は未来形で、これから起こることを表す。訳は「去ろうとしている」。
  • together は「一緒に」とか「共に」という意味の副詞。

I guess

意味:私は~だと思う
  • I は「私は」。
  • guess の意味は「推測する」。
  • I guess は I think と同じような意味で使われるが、I think よりもカジュアル。

there is no one to blame

誰も責める人はいない
  • there is は「~がある、いる」という意味の文法。
  • no one は「人はいない」ということを表現する。「誰も~ない」と訳すことが多い。
Example

No one likes me.

誰も私のことが好きではない

  • to blame の to は文法的には不定詞の形容詞的用法。 to blame が no one を説明している。
  • blame は「責める」という意味の動詞。
  • no one to blame は「責めるための人はいない」となる。

責めるための人はいない」とは?

歌詞によると、人々は今まさに愛する故郷である地球を去ろうとしている。

この過酷な状況を誰がつくったのか。そうやって誰かを責めるようなことをしない。この状況を受け入れて立ち向かっていく。

これが「責めるための人はいない」の意味するところ。

We’re heading for

私たちは~に向かおうとしている
  • We は「私たちは」。
  • We’re は We are の省略形。
  • heading は「向かう」という意味の動詞 head に ing がついた形(現在分詞形)。
  • are heading は未来形で、これから起こることを表す。訳は「向かおうとしている」。
  • for はこの場合「~に」という意味の前置詞。
  • head for で「~に向かう」の句動詞。

we’ll all miss her

意味:私たちは皆地球のことを寂しく思うだろう
  • we は「私たちは」。
  • we’ll は we will の省略形。
  • will は未来形で「~だろう」の意味。
  • all は「全て」。文頭の we と関連している。何が全てかというと「私たち全て」。
  • miss は「~がいないのを寂しく思う」という意味の動詞。
  • her は「彼女」という意味で通常使われるが、この場合は「地球」を指している。
タイトルとURLをコピーしました