I guess there is no one to blame.【(我々を)責める人は誰もいないだろう。】

芸能・エンタメ
スポンサーリンク

解説

1980年を代表する名曲で、誰もが一度は聞いたことがあるサウンド。

guess の意味は「推測する」。I guess は I think と同じような意味で使われるが、I think よりも軽い。

no one は「誰も~ない」。to blame の to は文法的には不定詞の形容詞的用法で、to blame が no one を説明している。

つまり「責めるための人はいない」となるが、訳すときは「責める人はいない」としたほうがわかりやすい。

また、何を責めるのかがこの文章には書かれていないが、歌詞全体から考えると「私たちを責める人はいない」ということだと推測できる。