英語の歌:Three Lions

この記事は約3分で読めます。

イングランドサッカーの応援歌。1996年にイギリスで開催された欧州選手権のために作られたが、2018年のロシアワールドカップでのイギリスの躍進で、再ヒットした。

Three Lions(スリーライオンズ)は「三匹のライオン」で、イングランド代表のエンブレムに描かれている。ちなみに、サッカー日本代表のエンブレムには八咫烏が描かれている。

このページで学習する歌詞は1分4秒から1分23秒まで。

But I know they can play / ‘Cause I remember / Three lions on a shirt / Jules Rimet still gleaming / Thirty years of hurt / Never stopped me dreaming

But I know they can play
(しかし私は彼らがプレーできることを知っている)

But は「しかし」。I は「私」。know は「知っている」。よって、I know は「私は知っている」。何を知っているのかというと、they can play ということを知っている。they は「彼ら」、この場合はイングランドサッカー代表。can は助動詞で意味は「~することができる」。play は「プレーする」。

‘Cause I remember
(なぜなら私は覚えているから)

‘Cause は because のことで、「なぜなら~だからだ」。I は「私」。remember は「覚えている」。

Three lions on a shirt
(シャツには三匹のライオン)

three は「3」。lions は「ライオン」の複数形。この三匹のライオンは勇敢に戦うことを象徴する。on は「~の上」。a は数えられる名詞の前に置かれる。特定しなくてよい場合に使われる。特定すべき場合は the を使う。詳細はこちら

shirt は「シャツ」。ここではイングランドサッカー代表のユニフォームのこと。

Jules Rimet still gleaming
(ジュール・リメは今も尚輝いている)

Jules Rimet は人の名前で「ジュール・リメ」。サッカーワールドカップの実現に尽力した人。still は「まだ」。gleam は「輝く」。gleaming は進行形で「輝いている」。

Thirty years of hurt
(30年間傷ついてきた)

Thirty は「30」、years は「年」、of は「の」、hurt は「傷」。30年の傷とは何か。

イングランドは1966年にワールドカップで優勝して以来優勝から遠ざかっている。この曲は1996年に作られたので「30年」勝てずにつらい思いをしてきた、ということ。

Never stopped me dreaming
(決して私が夢見ることを止めはしなかった)

Never は「決して~ない」。stopped は過去形で「止めた」。現在形は stop で「止める」。me は「私」。Never stopped me で「私を決して止めはしなかった」という意味。私の何を止めなかったのかというと dreaming「夢見ること」。

30年間勝利から見放されているがイングランドがワールドカップで優勝することを夢見ることはやめられなかった、ということ。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました