映画で英語を学ぶ:ミニオンズ(Minions)2015-2

セリフ
スポンサーリンク

映画にはすぐに使える単語や表現がたくさん使われています。以下の動画を再生すると学習する文が聞こえてきます。見出しの英語は学習する文に出てくるキーワードです。

freak:変人

以下の文の動画開始位置:31秒

These adorable little freaks are headed to Orlando, too!
(これらのかわいらしい小さな変人たちもオーランドに行く)

these は「これら」の意味。ミニオンが三人いるから these を使う。一人なら this「これ」を使う。adorable は「かわいらしい」。とても感じのいい言葉。

little は「小さい」。small も「小さい」だが、子供など人等が小さいことを表すときは little を使うことが多い。

freak は「変人」。軽蔑的に使う。are headed は go と同じ「行く」の意味。会話ではよく聞く。to は「~へ」。

Orlando は「オーランド」でアメリカフロリダ州の町。ディズニーワールドで有名。

company:仲間

以下の文の動画開始位置:1分55秒

We got company.
(私たちは仲間をえた)

「追手が迫ってくる」という状況を、子供が「私たちに仲間ができた」と表現している。

we は「私たち」。got は get の過去形で「得た」。company は「会社」という意味で広く知られているが、「仲間」とか「友達」という意味でも結構使われる。