映画で英語を学ぶ:メン・イン・ブラック3(Men in Black 3)

芸能・エンタメ
スポンサーリンク

映画にはすぐに使える単語や表現がたくさん使われています。以下の動画を再生すると学習する文が聞こえてきます。見出しの英語は学習する文中に出てくるキーワードです。

出演:ウィル スミス(Will Smith)、トミー リー ジョーンズ(Tommy Lee Jones)、ジョシュ ブローリン(Josh Brolin)

pal:友達

以下の文の動画開始位置:1分30秒

He went to go do something very special. And he wanted me to stay here and take care of his best pal.

(彼はとても特別なことをしにいくために行った。そして彼は私にここにとどまって彼の一番の友達の面倒をみてほしかった。)

He は男性を指す代名詞。「彼」と訳されることが多い。ここではこの少年の父親のことを指している。

went は「行った」で go の過去形。to go do の to は不定詞の副詞的用法で to go do は「~しにいくために」と訳すことができる。go do と動詞が二つ並んでいるのは珍しいが会話では使われる表現。go は「行く」、do は「する」なので、go do で「(どこかに)行って(何かを)する」という意味。

something は「何か」。very は「とても」。special は「特別な」。something は形容詞を後ろにとる。詳細はこちら

And は「そして」。he は男性を指す代名詞。「彼」と訳されることが多い。wanted は want の過去形。me は「私」。stay は「いる」または「とどまる」の意味。here は「ここ」。wanted me to stay で「私にとどまってほしかった」と訳す。

and は「そして」。take care of は熟語で「~の面倒をみる」の意味。his は「彼の」。best は「一番の」。pal は「友達」。