【洋画で英語上達】ライアーライアー(Liar Liar) で英語を学ぼう。

芸能・エンタメ
この記事は約2分で読めます。

このページでは「ライアーライアー(Liar Liar)」に出てくる、日常でもよく使われる英単語や熟語を解説しています。

Liar Liar (9/9) Movie CLIP – And the Truth Shall Set You Free! (1997) HD
出演:ジム キャリー(Jim Carrey)

void

(動画の2分すぎ)

  • void は「無効な」という意味の形容詞。
  • The contract is void. といえば「契約は無効だ」ということ。

irrelevant

  • irrelevant は「無関係な」という形容詞。
  • 発音は「イレラバント」のような感じ。
  • ir は「否定」を表す。
  • relevant は形容詞で「関係がある」の意味。

fade back

  • fade back は「一歩下がる」。
  • ジムキャリーがこのセリフを言うとき、若干後ろに下がってシュートを打つようなふりをするが、ゴール下で相手ディフェンダーから一歩さがって離れて打つシュートをバスケットボール用語で fadeaway (フェードアウェイ) と言う。
  • バスケットボール用語の fadeaway は名詞。
  • 映画のこの場面では「一歩下がる」という動詞が必要。そのような場合は fade back と表現する。fade away も文法的には正しいが、そうは言わない。
  • fade は音や光が「徐々に消えていく」ことを意味する。
  • 日本語のフェードアウトの「フェード」は fade のこと。
  • フェードアウトは fade out が語源で、音が「徐々に小さくなる」の意味。

swoosh

  • Swoosh はバスケットボールでボールがネット以外のリングやバックボードなど、どこにも当たらないでゴールに入るときの音。
  • ちなみに、ナイキのマークも swoosh と呼ばれる。
タイトルとURLをコピーしました