TOEIC・ビジネス英語

【TOEIC対策】in order to, in addition to, in regard to, in contrast to の違いや使い方を学ぼう。

TOEIC・ビジネス英語
この記事は約2分で読めます。

to の後ろが名詞か動詞か

以下の4つの表現の中で仲間外れはどれでしょうか。

  • in order to(~するために)
  • in addition to(~に加えて)
  • in regard to(~に関して)
  • in contrast to(~とは対照的に)

答えは in order to です。

なぜなら in order to の後ろには動詞(の原形)がくるのに対して、あとの3つは後ろにくる言葉は名詞です。

  • 動詞が続く熟語:in order to
  • 名詞が続く熟語:in addition to, in regard to, in contrast to

in order to

「~するために」という意味。

Example

We have to work hard in order to achieve the goal.

私たちは目標を達成するために一生懸命働かなければなりません。

in addition to

「~に加えて」という意味。場合によっては「~の他に」と訳すとしっくりきます。

Example

In addition to the dog, he has two cats.

に加えて(の他に)、彼は猫二匹を飼っています。

元々「~の他に、~を除いて」という意味をもつ熟語は other than 。

Example

Other than that, we are all fine.

それを除いて、私たちは全て順調にいっています。

in regard to

「~に関して」という意味。

Example

In regard to the project, the due is next Friday.

そのプロジェクトに関してですが、締め切りは次の金曜日です。

in regard to と in regards to

例えば日本語で「とても」と「とっても」は同じ意味で使われますが、「とっても」はどちらかというと話し言葉であり、友達や家族など親しい間柄で使われる言葉です。

それと同じように、in regard to は少しくだけたカジュアルな言い方だと in regards to になります。

  • in regard to: フォーマル
  • in regards to: カジュアル

in contrast to

「~とは対照的に」という意味。

Example

In contrast to his father, he hates fishing.

彼の父親とは対照的に、彼は釣りが大嫌いだ。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました