芸能・エンタメ

【洋楽で英語力アップ】英語のリスニング学習におすすめの聞き取りやすい歌  

芸能・エンタメ
この記事は約8分で読めます。

英語を楽しんで勉強するのに音楽は最適です。昔からの名曲を中心にいくつかご紹介いたします。

Eternal Flame by The Bangles

The Bangles(バングルズ)は 1980年代を代表するアメリカのポップロックバンドです。女性4人のグループです。バングルズの曲で非常に聞きやすく英語を勉強するのにもおすすめなのは Eternal Flame です。

Eternal Flame の意味は「永遠の炎」で、この歌の日本語タイトルは「胸いっぱいの愛」です。スローテンポの曲で愛を確かめ合う二人が歌われています。

The Carpenters

日本では「カーペンターズ」で知られるアメリカ出身の二人組の音楽グループ。カーペンター家の兄リチャードと妹カレンからなる。カレンがボーカルで、リチャードは歌う以外のことをほぼ何でもこなした。1983年、カレンは摂食障害で30代前半でこの世を去った。カレンの透き通った歌声は英語が母語ではない人にとっても非常に聞きやすい。

The Seekers

カタカナ表記なら「シーカーズ」でしょう。日本ではあまり知られていませんが世界的には相当有名なオーストラリア出身の四人からなる音楽グループ。1960年代には多くのヒット曲を世に送り出しました。ボーカルのジュディス・デュラムの透き通った歌声は英語が母語ではない人にとっても非常に聞きやすい。

1994年、シーカーズはオーストラリア最大のスポーツ祭典であるAFL(オーストラリアンフットボール)の決勝戦前に、彼らの代表曲 Georgy Girl や 国歌 Advance Australia Fair や I am Australian を熱唱しました。

1994 AFL Grand final The Seekers

The Beatles

イギリスのリバプール出身のこのロックバンドはあまりにも有名です。「ビートルズ」の曲の中には結構聞きとりづらいのもありますが、わかりやすい曲のほうが多いです。

ビートルズが大人気になったのは易しい語彙を使ったたくさんのラブソングを作ったからではないでしょうか。love, kiss, miss you, true などの単語は必須です。

ABBA

1970年代に世界中で大人気になった「アバ」はスウェーデン出身の4人組音楽グループで、代表曲の「ダンシングクイーン」はあまりにも有名です。ちなみに ABBA という名前は4人の下の名前の頭文字をとったもの。

聞きとりやすい曲は多いですが独特な言い回しなども少なくないので、歌詞を読みながら聞いて理解を深めることをおすすめします。

スポンサーリンク
eng_matome1をフォローする
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました