「ヘラクレス」の Zero to Hero で学ぶ英語

歌詞
スポンサーリンク

ディズニー映画「ヘラクレス」の挿入歌 Zero to Hero はとても速くてテンポの良い歌です。ディズニー映画なので子供向けではありますが、英語学習者にはかなり難しい表現もたくさん使われています。このページではそれらをまとめました。

SRO

SRO は Standing Room Only の省略形で「立ち見のみ」という意味。立ち見でしか見れないほどヘラクレスはすごい人気者だということを歌っている。

honcho

honcho は日本語の「班長」からきている。詳しくはこちら

down pat

down pat は形容詞で「完全に理解している」や「完璧な」という意味。He was a kid with his act down pat と歌われているが、これは「子供のころからどう振舞うべきかを完全に理解していた」ということ。

down pat は修飾する名詞の後に置かれる。例えば、上記のように act down pat なら「完璧な行動」、attitude down pat なら「完璧な態度」となる。

Grecian urn

Grecian は「ギリシャの」という形容詞。urn は「壺」。

flex

flex は動詞で「(筋肉を)ピクピク動かす」の意味。see him flex と歌われていて、これは「彼(ヘラクレス)が筋肉を動かすのを見る」ということ。see + 人 + 動詞 の文型の詳細はこちら

pecs

pecs は「胸筋」のことで pec の複数形。pec は pectoralis の省略形。例えば pectoralis major は「大胸筋」。

bonkers

bonkers は「狂った」という形容詞。go bonkers という表現で「狂う」の意味で使われる。

moxie

moxie は「勇気」の意味の名詞。

spunk

spunk も「勇気」の意味の名詞。spunk とその後の歌詞にでてくる hunk と thunk は韻をふんでいて、歌のリズムが非常に良い。

daring deed

daring は形容詞で「大胆な」や「勇敢な」という意味。発音は「デーリング」のような感じ。ちなみに「L」が ing の前に入った darling は daring とは全く違う単語で、「愛しい人」や「ダーリン」という意味の名詞。

deed は「行い」や「偉業」という意味で名詞。

conceited

conceited は「うぬぼれた」という意味の形容詞。conceited が歌われている歌詞の解説はこちら

breakneck speed

breakneck speed は「とても速い速度」という意味の名詞。元々 break は「壊す」、neck は「首」という意味。首が耐え切れないで折れ曲がりそうになるくらいにとてつもなく速い、ということを表現している。