【ニッポンを英語で語る】箱根駅伝の語句や例文

スポーツ
スポーツ語彙
この記事は約3分で読めます。

お正月の代名詞である箱根駅伝を英語で語るときに役立つ語彙をまとめました。

  • 東京箱根間往復:Tokyo Hakone round trip
  • 駅伝競走:ekiden road relay
  • 往路:outbound leg
せんせい
せんせい

全部で五区からなる往路」と言いたければ、five stage outbound leg となります。

  • 中継所:relay station
  • 前回優勝校:defending champion
  • 日本の正月休みの定番:a viewing staple of Japan’s New Year holiday
  • トップの順位で終える:finish atop the standings
  • 十五位まで大きく順位を落とした:sank as low as 15th place
  • 四区でリードを奪う:take the lead in the fourth stage
  • その地点から逆転を許すことはなかった:never trailed after that point
せいと
せいと

trail は「負ける」とか「水をあけられる」という意味の動詞です。

  • 往路初優勝をかざる:capture the Day 1 crown for the first time
  • 優勝候補としてみなされる:considered a favorite to win the title
  • こむら返りに苦しむ:battle through cramps
  • ペースが落ちた:His pace slowed
  • 急勾配の五区を走っている間に:during the hilly fifth leg
  • 二日目に巻き返す:bounce back on Day 2
せいと
せいと

bounce back は「跳ね返る」という意味の動詞です。転じて「回復する」という意味でも使われます。

  • 城西大学は二位に3分35秒のリードで翌日の復路をむかえる:Josei University gives itself a 3 minute 35 second lead for the following day’s return leg
  • 東洋大学に6分18秒遅れでスタートする:take off 6 minutes, 18 seconds behind Toyo University
  • 早稲田大学に2分28秒差でスタートする:start his leg with a 2 minute 28 second lead over Waseda University
  • 5時間28分3秒でゴールする:cross the finish line in 5 hours, 28 minutes, 3 seconds
  • 帝京大学が二位、中央大学が三位で初日を終えた:Teikyo University finished the first day in second place with Chuo University third
  • 五区で二位のタイムを記録する:post the second fastest fifth stage time
  • 2009年以来の優勝を狙う:seek the school’s first championship since 2009
アシスタント
アシスタント

2009年以来初めての優勝ということなので first は必須です。

  • 第一回駅伝競走は1920年だった。:It was first run in 1920.
スポンサーリンク
英語まとめ
タイトルとURLをコピーしました