関係代名詞

スポンサーリンク

関係代名詞は中学で習う文法の中でも難しいものの一つだろう。関係代名詞は名詞を修飾するために使われる。この文法がわかると英語の実力は飛躍的に向上するといっても過言ではない。

導入

例えば「私はパスタを食べた」を英語で言うと、I ate pasta. となる。ここで難しいのは ate つまり eat の過去形だが、「食べる」という動詞 eat の過去形は ate だと覚えればこの文を作れるだろう。

では「私は母が昨日作ったパスタを食べた」はどうか。基本は I ate pasta. なのだが、「母が昨日作った」という内容を入れなければならない。

「母が昨日作った」は英語で my mother made yesterday となる。英語の基本文型とそれぞれの単語を知っていれば問題ないだろう。

「母が昨日作った」という情報は「どんなパスタ」なのかを説明している。「パスタ」は名詞で「母が昨日作った」は文節。このようにある文節がある名詞を説明(修飾または形容とも表現可)するとき、関係代名詞を使う。

関係代名詞を使って作った文は以下の通り。

私は母が昨日作ったパスタを食べた。

I ate pasta that my mother made yesterday.

関係代名詞そのものは上記の文中の that。関係代名詞は修飾される名詞(pasta)と名詞を修飾する文節(my mother made yesterday)をつなぎ合わせる接着剤のような役割を果たす。

日本語ではある文節がある名詞を説明するとき、その文節は説明する名詞の前にくる。一方、英語ではある文節がある名詞を説明するとき、その文節は説明する名詞の後にくる。

関係代名詞の種類

前述の英文中には関係代名詞の that がでてきた。関係代名詞は that, which, who の三つを覚えておけば問題ない。

修飾する名詞によってそれらを使い分ける。that はどんな名詞にも使える。which は「もの」や「こと」。who は「人」に使う。which や who は疑問詞としてなじみ深いが、ここでは疑問詞としての which 「どちら」や who 「だれ」という意味はない。全くの別物として考える必要がある。

まとめ

ポイントをまとめると以下のようになる。

  • 関係代名詞は名詞を修飾するときに使う
  • 関係代名詞は名詞と文節をつなぎ合わせる接着剤のような役割
  • 文節が名詞を修飾するとき、英語では名詞、文節の順
  • 関係代名詞は that, which, who の三つ
  • that はオールマイティ、which はものやこと、who は人に使う